アブノーマルの最下層に木霊する悲鳴の数々。電動装置による拘束対象への干渉に脱出は困難、一体多数の驚愕のプレイもデフォルト。

ENTER


小言:抵抗を無視したようにありえない方向に飛び出すあほげ毛!跳ね出した触角、主に二本飛び出したものを言う様な髪を愛した者は星の数だけ存在する!基本的には寝癖の様なものなのだが二次元的なキャラでは既にトレードマークに触覚があり自在に形を変えるモノや既に別の生き物の様な描写まであったり既に髪の毛の形状から大きく外れた物もあるがディフォルメっぽさも考えると深く突っ込みを入れてはいけないこと。暗黙の了解である。また感情表現の一種にギャグシーンなどで用いられる場合もある。波平さんの様なてっぺんに一本だけ生えている状態はこれに該当しない。あれはあほげではなく最後の砦なのだから…

Copyrightc 2009, dice.raburinon.com All Rights Reserved.